マタニティ筋トレの必要性と魅力とは

妊娠中は、一昔前には運動をしてはいけないとされていました、
おなかを大切にするために、静かに過ごすのです。
どういった考えがありましたが、今は世界中で運動を推奨しています。
おなかの赤ちゃんを守るためには、ついつい運動に消極的になってしまいがちです。
それによって、運動不足を招いてしまう結果になるのです。
さらに月日が経てばおなかはどんどん大きくなってくるので、運動不足になってしまうのも仕方がないのかもしれません。
運動不足というのは、出産に悪影響を与えてしまいます。
それは、骨盤周辺の筋肉や腹筋などが落ちてしまうからです。
他にも、運動不足や食べ過ぎなどの影響により体重増加してしまうこともよくありません。
妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクも高まり、母子ともに命の危険にさらされることもあるからです。
運動不足というのは、血行を悪くしてしまいます。
血行が悪くなってしまうと、これも赤ちゃんやママに悪影響を与えてしまうのです。
運動不足によって足の筋肉も落ちてしまうので、転倒する危険もあります。
さらに妊娠中というのは、ホルモンバランスが乱れたりストレスを感じてしてしまうことが多くなります。
そのために、イライラしたり精神的に落ち込んだりなど不安定になることも多くなってしまうのです。
こういった時には、運動をすることによってストレスを解消することができるのです。
妊娠中にある程度の脂肪が体につくことは、仕方のないことです。
ですが、脂肪の付きすぎは絶対に赤ちゃんにとってもママにとってもよくありません。
妊娠すると、どうしても寝ている時間や座っている時間が増えてしまうものです。
下半身は脂肪がつきやすいのですが、上半身にも盈虚が出てきます。
そのために、下半身運動だけでなく全身運動をするように心がけましょう。
一般的な筋トレは無酸素運動になりますが、無酸素運動は赤ちゃんに酸素を送れなくなってしまいます。
ですから、有酸素運動による筋肉トレーニングをするようにしましょう。
妊娠中は、有酸素運動で筋肉を鍛えるマタニティ筋トレがおすすめです。
おすすめサイト>>>>>堺東のホットヨガスタジオ